ホテルのアフタヌーンティーで極上体験

  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク

皆様にとって「ご褒美」は何ですか?

欲しかったものを購入したり、マッサージに行ったり旅行したり、色々あると思います。

今回は、自分への極上のご褒美としてお勧めしたい、
「ホテルでのアフタヌーンティー」をご紹介します。ホテルのアフタヌーンティーなので普通のレストランとは違った経験ができますしホテルのウェイターさんの接客も素晴らしいのでまさに非日常な時間を過ごすことができます。

目次

アフタヌーンティーとは

まず、アフタヌーンティーとはイギリスの文化で、昼食と夕食の間の小腹満たしのために紅茶・スコーンを楽しむものです。
日本で言うと「三時のおやつ」のようなものですね。
このように元々は異文化のものでしたが、最近は日本でもホテルなどの様々なところでこちらのアフタヌーンティを楽しむことができるようになりました。

三段のおしゃれなケーキスタンドに乗せられたケーキ・スコーン・サンドウィッチを楽しむ時間はそれはそれは優雅です。

ケーキビュッフェなどは甘いものだけで少し味に飽きたり口の中が甘さでいっぱいになってしまいますが、アフタヌーンティはサンドウィッチが入っていることが多いので好きなタイミングで味変することができ最後まで苦しくならずにちょうどいい加減でスイーツを楽しむことができます。

なおアフタヌーンティはーは季節によって内容が変わるのも嬉しいところです。

春は桜やイチゴをふんだんに使ったメニュー、夏はマンゴー、秋はマロン、冬はクリスマス仕様のものが出てきたりと季節感を味わうことができます。

同じホテルでも時期が変わればメニューも変わるので、気に入ったら何度か足を運ぶのもおすすめです。

おすすめのアフタヌーンティー

様々なホテルが色々な種類のアフタヌーンティーを用意していますがその中でも特にお勧めのアフタヌーンティーを楽しめるホテルは東京・大手町にある「パレスホテル」。
目の前に皇居があるので、特別な時間が過ごせます。

Palace Hotel Tokyo
アフタヌーンティー | ザ パレス ラウンジ | プリヴェ | パレスホテル東京 パレスホテル東京では2種のアフタヌーンティーセットをご用意しております。 1F「ザ パレス ラウンジ」では世界的に活躍する輪島塗塗師の赤木 明登 (あかぎ あきと) 氏によ...

こちらのアフタヌーンティで用意されるお菓子はホテルのフランス料理のシェフが低糖質・低脂質に拘って作ったもの、さらに量も多過ぎずちょうどいい量なのでダイエット中の方でも気にせずに楽しむことができます。

飲み物は「ティーフリー」と言われる、いわゆる飲み放題で数十種類にも及ぶ紅茶・コーヒーから選ぶことができます。カフェインフリーのお茶も数多くあります。

スポンサーリンク

一流ホテルだけあって、ホテルに入った瞬間から極上のおもてなしで迎えてくださるので、背筋も伸びます。スタッフの方との何気ない会話の中でも素晴らしい接客を体感することができますよ。

普段中々来れないこのような場所だからこそ、自分が何か頑張った時のご褒美になります。

次におすすめなのが日比谷にあるザ・ペニンシュラのアフタヌーンティーです。

こちらは天井が高いホテルのロビーで優雅に楽しむことができるものです。
天井からぶら下がる大きくて豪華なシャンデリアの元でいただくアフタヌーンティはまるで自分がお姫様になったような気させてくれます。

メニューも一つ一つ凝っていて、どれをとってもSNS映えするようなものばかり。

セイボリー3種、スイーツアイテムも4種あるので心も体も満足するひとときが過ごせますよ。

https://www.peninsula.com/ja/tokyo/special-offers/dining/peninsula-afternoon-tea

日常の喧騒を忘れてゆったりと上質な空間で味わう美味しいスイーツやお茶は別格で日々の疲れが取れてとても癒されますよ。

まとめ

一度ホテルのアフタヌーンティーを体験したらきっと色々なホテルに行きたくなると思います。
またその中から自分の特にお気に入りのホテルを見つけることができるようになり、それも楽しいですよ。
そんな体験も皆様もぜひしてみてください!

スポンサーリンク

コメント

コメントする

目次