消費税引き上げ?いつから?税制調査会で議論すべきと意見が相次いだ

  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク

本日2022年10月26日、政府の税制調査会で「消費税」に関する議論が行われました。
消費税は上がってしまうのでしょうか?

目次

消費税は引き上げられる?

本日行われた税制調査会で消費税に関する議論が行われ、参加した委員から「未来永劫10%のままでは日本の財政が持つとは思えない」と、消費税の引き上げに関して言及しました。
「今後の高齢化の進展に合わせて遅れることなく、消費税率の引き上げについて考えていく必要がある」との意見も相次ぎました。

近年すぐに引き上げられるわけではないみたいですが、中期的な視点で消費税の引き上げについて議論すべきとの意見が相次いだようです。

議論をすべきと意見が出ているだけで、具体的な議論はされていないみたいですが、消費税はどんどん上がってくると言われています。

消費税引き上げはいつから?

スポンサーリンク

中期的な視点でということなので、5、6年後といったところでしょうか?
こればかりはまだわかりません。
ただ議論が行われるとなると、引き上げが延期されることはあっても無くなることはないと思われます。
日本の財政も厳しいですし、我々の財政も厳しいです。
給料は上がらずに物価がどんどん高くなってしまっていますよね。
お金が回らずどんどん景気が悪くなってしまうのではないかと心配になります。

ネットの反応

否定的な意見ばかりです。そりゃそうですよね。消費税の増税で景気が悪くなったと言われていますから。
しかし、鵜呑みにしてはいけないと思います。政治はとても複雑で難しく、色々な考え方があります。
誰かの安易な意見はまず疑うべきだと思います。
インターネットなどで情報を収集し、自分が何を信じるのか考えないといけない時代だと思います。

まとめ

今のところ具体的な議論は行われていません。
しかし消費税増税の議論をすべきという意見が出てきた以上、増税に向かって進んでいくことは間違い無いでしょう。

少子高齢化が進むにつれ、若い世代の負担がかなり多くなっています。
子供たちのため、将来生まれてくる赤ちゃん達のためにももう少し高齢者の負担も上げてもいいのでは無いかと私は思います。

スポンサーリンク

コメント

コメントする

目次